type of Bike自転車の種類

drawerTOP > THE BIKE STORE トップ > 自転車の種類

一口に自転車と言っても、用途によって様々。その中からご自身の最高の引き出しを作るための愛車を導き出すのは、結構大変な作業です。drawer THE BIKE STOREでは、皆様の最高の引き出しを作るための一台をご提案するにあたり、ここでは自転車の種類について簡単にご説明いたします。

シティ車

言わずと知れたザ・自転車と言えるでしょう。一般的にママチャリと呼ばれる婦人車から、カマキリ型ハンドルやT字型ハンドルの軽快車、また海外から入ってくるスポーツ車メーカーが企画するコミューターなど、シティ車と言っても様々な車種が存在します。主には街中を移動するための手段として、モノを運びやすいバスケットや、駐輪しやすいスタンドの装備、また普段着でも乗りやすい低床型フレームなど、たくさんの日常使いに適した装備を備えています。

以外にもフレーム素材の違いがあり、スチールからステンレス、アルミニウムフレームまで存在し、乗り心地や重量なども大きく差が出てきます。駆動方式も一般的なチェーン以外に、踏み出しが軽いベルト駆動のものや、中にはサスペンションなどの高機能型も存在します。

また、電動アシスト型の車両が数多くラインナップされ、最も車両ごとの差がはっきりしている車両と言っても過言ではありません。一般的には、2万円台~5万円台の商品を中心に取り扱っていますが、電動アシスト車となると10万円~のご予算となるでしょう。当店では、お客様のご要望とご予算に応じて、最適な車種をご提案できるよう、国内ブランドを中心とした品ぞろえを行っています。

クロスバイク

マウンテンバイクとロードバイクの特性を持ち合わせた(クロスオーバー)とても使いやすいスポーツバイクです。スポーツ嗜好の強いロードバイクやオフロードを走行するマウンテンバイクの様に、強い前傾姿勢やハードな乗り心地を一切排除し、シティ車から乗り換えても比較的違和感がない程に味付けされたものが多く出回っています。

一般的に通勤や通学などに適したアクセサリー(バスケットやスタンド、泥除けなど)がフルパッケージで装着されたものと、スポーツライディングに特化したものに分類され、現在では後者の方が大変人気があります。

スポーツライディングに特化したモデルの中には、ロードバイクに極めて近い特性(軽量性や振動吸収性)を持ったものも多く、価格は4万円台~10万円まで幅広く存在します。また、多くのスポーツライディングをイメージされた比較的スポーツに慣れた男性のお客様は、クロスバイクとロードバイクで悩む方も多いため、試乗車のお貸出しも行っています。

ロードバイク

現在最も人気の高い車種となっているスポーツ車です。本格的なレーシングモデルから、サイクリングレベルまで多くの車種が存在します。一見すると全く見分けがつかない方もいらっしゃいますが、実は多くの違いが存在し、それぞれで乗り味が全く異なってきます。

例えばフレームの素材は元より、フレームのサイズやジオメトリーと呼ばれる各パイプの寸法がミリ単位で異なるだけで、全く別の乗り物となってきます。それらの違いは、残念ながら経験の少ない方は、外見やカタログデータだけで見分けることは、ほぼ不可能に近く、結果的に様々なアドバイスができる店舗にご相談された方が、間違いがありません。

ある意味では、最も複雑で、最も差が出やすいロードバイクですが、見る人が見れば違うのですが、そうでない方が見てもその差がほとんどわからないのがロードバイクです。そのため、ロードバイクの試乗車は、あえて特製の異なる車種を数種類ご用意しています。ぜひ店頭で乗り比べ、その差を体感した上で、ご自身の最高の一台をご提案差し上げています。

マウンテンバイク

当店が最も得意とする車種です。主にオフロードを走るために開発された車種ですが、シティ車として使用するケースも存在するため、ロードバイクよりも気楽に扱う事ができます。特性上、ロードバイクよりも重量があるため、車体を持った時のスポーツ車感は驚きが少ないですが、自転車の中で最新の技術が投入される傾向にあるマウンテンバイクは、機械的な要素に興味がある方は、最も深い楽しみ方ができる車種とも言えます。

サスペンションやディスクブレーキなどの油圧装置を装備しているため、専門性が高い作業が必要ですので、それらに精通した店舗での購入をおススメします。

小径車

日本は小径車大国とも言われ、折り畳みができるフォールディングバイクと共に、コンパクトな自転車にとても人気があります。一口に小径と言っても、様々なホイールサイズがあり、ポタリングと呼ばれるゆったりとしたサイクリングから、本格的なスポーツ用とまで様々。また小径車特有の部品のマッチングなどもあり、一筋縄ではいかない深い世界観があります。

また、折り畳み車両に関して、かなりリーズナブルな価格帯のものがあふれていますが、可動部分が一般的な自転車よりも多いことにより、メンテナンスを行わなければ性能や安全の維持管理が極めて難しい乗り物でもあります。つまり安価な本体に対して高額なメンテナンスを必要とされるケースも珍しくありませんので、使用用途をしっかりと想定した上で、車種とその運用を提案することが大切と考えています。当店では主に折り畳み機能を持たないミニベロと呼ばれるジャンルを取り扱ってまいります。