2017年5月30日 ,

ハブメンテナンスはお早めにどうぞ

なんでもそうですが、早め早めが一番と言われつつ、つい忘れがち。
だって今なにも問題ないのに・・・。
ホントわかります。

歯は、痛くなって初めて虫歯と気づきます。
風邪は引いて初めて、薬を飲みます。

自転車も同じ。
必ず風邪を引くんです。
だから、お医者さんとしての自転車屋さんがある。

そうなると、医者は近くの方がいい。
なぜならいつでも行けるし、いつでも行けるところに医者が無いと困るから。

当店でサービスを行っていただくメリットは至極シンプル。
どこで入手されたものでもサービスを受けていただくことができるから。

もちろん、保証修理や正規のサービスをうけられない条件もあるのですが、はなからサービスを受けられないのはユーザーとしては困っちゃう。

だって引っ越しもあるし、元々購入した店が無くなっちゃうこともありますから。
引っ越し先のお医者さんが、あなたはウチで生まれた人じゃないから・・・。
って言われたら困るのは当たり前。

だから、当店は大和市界隈の自転車のお医者さんになるべく開店したのです。

これからの時期は、ジメジメと湿気が多くなる時期。
残念ながらこの環境に生きている我々は、この季節とうまく付き合わないといけません。

つまり、水分は自転車が風邪を引く最も大きな原因の一つ。
だとしたらその水分をできるだけ溜めないよう、定期的に排出してあげないといけません。

その代表的な場所は、やっぱり軸回り。
つまりベアリング。

普通の自転車には、4か所の軸が存在しています。
ハブが前後で2ヶ所、クランクの根元にあるBBが1ヶ所、最後にフロントフォークを支えているヘッドセットが1ヶ所。
合計4か所に『軸』があり、それを支える『軸受け』があります。
そう、つまりベアリング。

自転車のメンテナンスは、すなわち回転する軸をいかにキレイに、正しく回転するように維持できるか。
これに尽きるわけです。

例えばハブ一つとっても、こんなシステムがあったり・・・

はたまた、似たようなものでも少し違っていて、使う工具や油脂が違う。

そうなると、やっぱりお医者さんに相談した方が早いし、確実。
でもそこで今後の自分でできるメンテナンスなどが情報として聞けるとなると、最初から自分でググってみて、ソースの分からない情報に頼って作業するよりも、ずっと自分の引き出しになる情報も、人ととのつながりも出来る。

だから、もっとショップは利用してもらいたいと思います。

日本全国、世界各国でメンテナンスをしてきた経験から、素早くきれいにメンテナンスするのはもちろん、当店はお客様とのつながりを作って、その方の引き出しを作ることが私たちの幸せなのですから。

お困りの方、ぜひご相談ください。

drawer THE BIKE STORE (ドゥロワー ザ・バイクストア)
〒242-0024
神奈川県大和市福田1-1-6 フラワーマンション1F
TEL&FAX:046-259-6314
E-Mail:store@openadrawer.com
営業時間 10:00~20:00
定休日 毎週水曜日

【電車でお越しの方】
小田急江ノ島線 桜ケ丘駅下車 徒歩2分

【車でお越しの方】
R246からR467(藤沢街道)を藤沢方面に約15分

【自転車でお越しの方】
境川サイクリングロード利用
中原街道 新道大橋より約10分

FacebookTwitterLineGoogle+共有