2017年6月3日 ,

シーラントなくなっても知~らんと

チューブレスタイヤが世の中にお目見えして久しいですが、ここ最近はチューブレスレディなるシステムが主流。
ご存知の通り、UST規格を始めとするいわゆるチューブレスよりも、チューブレスレディの方が気密性に対しての考え方が割りと緩いため、リムやタイヤを軽量化できるなどのメリットもあり、チューブレスレディの方が普及しています。

が・・・

前提として、シーラントなる気密性を確保するための媒体をタイヤ内に充填することによって、そいつらがエア漏れを防いでくれています。

つまり、シーラントが無いと気密性を確保することができず、チューブレス状態を維持できないことになります。
ではこのシーラント、一度入れたら無くなるのでしょうか?

はい、残念ながら無くなります。

なぜかといえば色々理由があるのですが、大きく分けると単純に漏れるケースと、内部で凝固してしまうケースが存在します。
漏れるのは仕方ないとして、凝固についてはある一定の期間で必ず発生しますし、さらに勢いよく空気がシーラントに当たることによって凝固してしまいます。
これは、タイヤに傷や穴が開いた際に、圧力の高いタイヤ内部から圧力の低いタイヤ外部に空気が漏れ出す際、勢いよく空気が流れ、シーラントが凝固することで穴を塞ぐ仕事をしなければいけないためです。

早い話、遅かれ早かれ空気に触れている時点で凝固するということは、いつか液体は無くなってしまうので、仕事をしなくなってしまうことになります。

なので、転ばぬ先のシーラント。
少なくとも2ヶ月に1回は補充しておきましょう。

今あるマウンテンバイクタイヤのチューブレス化にご興味ある方は、あらゆるエア漏れを止めまくってきている当店へどうぞ。

STAN’S タイヤシーラント 2oz(59ml) 375円(税抜)

drawer THE BIKE STORE (ドゥロワー ザ・バイクストア)
〒242-0024
神奈川県大和市福田1-1-6 フラワーマンション1F
TEL&FAX:046-259-6314
E-Mail:store@openadrawer.com
営業時間 10:00~20:00
定休日 毎週水曜日

【電車でお越しの方】
小田急江ノ島線 桜ケ丘駅下車 徒歩2分

【車でお越しの方】
R246からR467(藤沢街道)を藤沢方面に約15分

【自転車でお越しの方】
境川サイクリングロード利用
中原街道 新道大橋より約10分