2017年8月23日 ,

美女と野獣と言えば、ベルでしょ

あまりにも脈絡がありませんが、みなさんもご存知の美女と野獣と言えば・・・ベル。

心優しいかわいこちゃんが、野獣の魔法を解くという美しい物語。

でも自転車関連でBELLと言えば・・・ヘルメット!
そう、北米の最大手ヘルメットメーカーと言えば、BELL。
※冒頭の画像はイメージです

BELLは、マウンテンバイクのイメージが強いと思いますが、まさにその通り。
いけてるライダーはBELLを着用しています。

日本でも近年でいっきに普及して、特にダウンヒルフルフェイスでは、これまでは某デイトナって言う感じだったのに、トップライダーは軒並みベルを使用。
その存在感を一気に広げています。

もちろん、我々世代は当時のトップライダーであるジョントマックがかぶっていたスペシャルペイントのベルを見て大興奮していた訳ですから、今もカッコいいに決まっています。

今回入荷の1つ目は、ミドルグレードの『オーバードライブ』

オーバードライブ 16,500円(税抜) 
※JCF公認ヘルメット

ロードもマウンテンバイクも選ばずに使える定番型。
でっかいベンチレーションで、しっかりクーリング。
ちゃんとレースする人のヘルメットとして、リーズナブルなプライスが魅力です。

トラバース アジアンフィット 7,400円(税抜)

バイザー付きのオールラウンドヘルメットが、この価格で買えるとは・・・。
いい時代になったものです。
アジアンフィットタイプで、日本人の幅広な頭でもピッタリフィット。

XLしか被れなくて、でっかいシルエットのヘルメットに嫌気がさした貴方。
ぜひこれを被ってみてください。

クレストR 5,000円(税抜)

もうね、言葉が出ない・・・。
このクオリティーで、この価格。

もう全員ヘルメットかぶりましょ。
自転車乗るときは。
この価格で、世界最高峰の安全性が確保されるんですから・・・。

ヘルメット高いしなぁ・・・って言ってる場合じゃないです。
もう被らない理由は、クレストRの前で言っちゃだめですから。

ストーカー 13,500円(税抜)

ネーミングはちょっと置いておきましょうw
マウンテンバイクでは流行となっている『ジェット型』ヘルメットです。

転倒時に後頭部をしっかりと守るデザインながら、フルフェイスの様に頭全体をすっぽりと覆うタイプではないので、軽量で視野も広くオールマウンテンには最高のヘルメットです。

初めてのジェット型にはピッタリのリーズナブルなモデルです。

背面の『BELL』ロゴがイカしてます!

ストーカー ミップス 15,000円(税抜)

こちらはストーカーのMipsモデル。

ご存知Mipsとは、MIPS(マルチ・ディレクショナル・インパクト・プロテクション・システム)、回転衝撃から頭部への衝撃を減少させるスリップ・プレーン(滑り面)システムのこと。
ヘルメット内部に配置された1枚のシートが頭の動きに応じて動くことにより、衝撃から伝達されるエネルギーのスピードを緩め、またその強さを減少させることができるシステムです。

こちらは、バイザーにガッツリと入った『BELL』ロゴ。
こちらもイカしてますね。

最後は『ズーム2』

ズーム2 3,900円(税抜)

ちびっこもBELLを被りたい!
豊富なカラーバリエーションが揃うズーム2は、キッズライダーの必需品。

知ってました?
実はズーム2は日本別注モデルだってこと。

お子様の成長に合わせてサイズ調整可能なフィッティングシステムや、首に負担を掛けない軽量仕様、虫の侵入を防ぐバグネットだけでなく、厳しい日本の夏の暑さ対策としてアウターシェルの耐候性をもアップさせています。

お子様の事を考えに考え抜いたズーム2は、合計13色の豪華ラインアップから、お子様の好みに合わせてお選びいただくことができます。
もちろんママも安心の「SGマーク」付きで、大切なお子様のヘルメットは、ぜひズーム2で!

リンク:BELL日本語版公式サイト(インターテック)
リンク:BELL日本語版Mips解説サイト(インターテック)

drawer THE BIKE STORE (ドゥロワー ザ・バイクストア)
〒242-0024
神奈川県大和市福田1-1-6 フラワーマンション1F
TEL&FAX:046-259-6314
E-Mail:store@openadrawer.com
営業時間 10:00~20:00
定休日 毎週水曜日

【電車でお越しの方】
小田急江ノ島線 桜ケ丘駅下車 徒歩2分

【車でお越しの方】
R246からR467(藤沢街道)を藤沢方面に約15分

【自転車でお越しの方】
境川サイクリングロード利用
中原街道 新道大橋より約10分