2017年9月13日 ,

あなたのディスクブレーキは大丈夫ですか?

暑かった夏が終わり、朝晩はすっかり肌寒くなった今日この頃。
正に秋の訪れを感じます。

そうなってくると、あなたのディスクブレーキは大丈夫ですか?
ご存知のとおり、油圧ディスクブレーキの大敵はズバリ『お水』です。

えっ?雨の中走って無いけど・・・。
と言うあなた。

残念ながら、我々は地球に生きているので、それだけでお水にさらされています。
特にDOTフルードと呼ばれる吸湿性が高いフルードをお使いの場合、湿気によって劣化しています。

そうするとどうなるか?

1. 吸湿したフルードは、沸点が低下し、ヴェーパーロック現象を簡単に引き起こします。
2. ブレーキの動作が安定せず、製動力が不安定になります。
3. 温度変化によって急激に膨張したシステム内部の空気が、マスターシリンダーピストンやキャリパー側のスレイブピストンに悪影響を及ぼし、最悪の場合、レバーやスレイブピストンが固着するトラブルが発生します。

DOTフルードを使用する代表的なディスクブレーキ『SRAM XX』です。

丁寧にマスターシリンダー、キャリパー共に分解し、洗浄を行ってから適宜必要なシール類を交換します。

今回のケースでは、スレイブピストンが固着しているケース。
分解してみるとスレイブピストンに致命的な問題はありませんでしたが、DOTフルードが水分によって劣化し、さらに不純物と混じって結晶化。
ピストンスクエアシールとの固着を引き起こしていました。

スレイブピストンにこびり付いた、結晶化した不純物を取り除き、軽く研磨して再度組み付けすると、とてもきれいに動作するようになりました。

油圧ディスクブレーキのオーバーホールは、作業工賃8,000円(片側/税抜)となります。
もちろんフルードや組付けに必要な油脂類の費用は含まれます。(部品代別)
オーバーホールでも、混んでいなければ約1~1.5時間ほどの作業時間でお戻しできます。

お次はディスクロード。
すでにしっかりと浸透し、その存在感を確固たるものにしています。

こちらは半年に1回の定期点検で入庫。

たった半年?
と思う方もいらっしゃるでしょう。

でもご覧のとおり。
しっかり吸湿し、フルードが濁っている状態がお分かりになりますでしょうか?
本来はもう少し透明できれいなピンク色です。

特に自転車用油圧ディスクブレーキは、車やオートバイと比べてシステム容積が極端に小さいですから、入っているフルードの量は極めて少ない。
ですから、わずかな水分の混入でも正常な作動に影響を及ぼします。

フルードの入れ替え、ブリーディングと言う作業だけでしたら、オーバーホールよりもお手軽に、短時間でお渡しが可能。

油圧ディスクブレーキのブリーディングは、作業工賃2,000円(片側/税抜)となります。
もちろんフルードや組付けに必要な油脂類の費用は含まれます。(部品代別)

ぜひ、この秋にしっかりと楽しもうと思われている方は、この時期だからこそのオーバーホールをおススメします。

drawer THE BIKE STORE (ドゥロワー ザ・バイクストア)
〒242-0024
神奈川県大和市福田1-1-6 フラワーマンション1F
TEL&FAX:046-259-6314
E-Mail:store@openadrawer.com
営業時間 10:00~20:00
定休日 毎週水曜日

【電車でお越しの方】
小田急江ノ島線 桜ケ丘駅下車 徒歩2分

【車でお越しの方】
R246からR467(藤沢街道)を藤沢方面に約15分

【自転車でお越しの方】
境川サイクリングロード利用
中原街道 新道大橋より約10分