2018年3月3日 ,

失った隙間をお探しの方に

心にぽっかりと穴が開いたように立ち尽くす・・・
そんな光景を何度見てきたことでしょう。

チェーン切れとは、とても悲しい出来事ですが、絶対にないという事はありません。
自転車は、ディレーラーと呼ばれる変速機でチェーンを押して、スプロケットから脱線させることで変速しています。

そのため、変速のたびに常にチェーンが『こじれる』ことになり、チェーンに過大な負荷がかかります。

すると、チェーンのプレートは悲鳴を上げ、いつしかピンからプレートが外れる形で切れてしまいます。

これを防止するには、やはり潤滑剤を切らさない事が重要。
またできるだけ変速時のショックを和らげてあげることもコツの一つです。

でも、切れてしまう事もあります。
そんな時はコレ。
ミッシングリンクです。

KMC ミッシングリンク 円(税抜)※8s、9s、10s、11s用あり

チェーンをピンではなく、リンクでつなぐ方式のパイオニアであるKMC社は、長年この方式を提唱してきましたが、ここにきて多くのメーカーも、この手のタイプに切り替えてきています。

個人的には、かなり前から使用していますが、良く言われている『この手のリンクは外れやすい』というトラブルには出会ったことがありません。
まぁ、ちゃんと付けてないんだと思います。

よく『ミッシングリンクを付けていると、付け外しが簡単だからチェーンを洗う時に便利である』と聞くことがありますが、そもそもチェーンを洗うときは外さない方が効率的に洗う事ができます。

外すことはやはりリスクを伴いますので、当店ではおススメしていませんので、よく聞くその手の話は、大してメリットを感じていません。

それよりも、ミッシングリンクを使う事のメリットは、運悪く切れてしまった時こそ強く感じると言えるでしょうね。

例えば、チェーンが切れてしまうほとんどの原因は、アウタープレート(外側のリンク)がピンから外れることによって切れるケースです。
そうなると、そのプレートは変形していますので使えません。

しかも、ピンで再接続するとなると、構造上インナープレート(内側のリンク)も一つ分取り外さないといけません。
するとどうでしょう。

チェーンが短くなってしまいます。

困りますよね。
変速にも問題が出ますよね。

でもどうでしょう、ミッシングリンクを使えば、変形したアウタープレートを取り外し、その代わりにミッシングリンクでつなぐ事ができるのです。

ほら、チェーンの長さが変わらない。
補修とはこうありたいもの。

だから、サドルバックには必ずピンではなく、ミッシングリンクを入れておいた方がいいのです。

あっ、ミッシングリンクだけでなく、関係する工具も持っていると便利ですよ。

当店オリジナルのミッシングリンクツールとタイヤレバーがセットになった工具。
クレバーチェーンプライヤー 1,600円(税抜)

こちらはそれの高級版。
アルミ製ボディの内部にミッシングリンクが2セット収納できるスグレモノ。
WOLF TOOTH マスターリンクプライヤー 4,139円(税抜)

さて、トラブルにもスマートに対応したい方には、ぜひおススメしたい逸品です。

リンク:WOLF TOOTHコンポーネンツ公式ウェブサイト
関連記事:ウルフトゥースのかっこいいチェーンツールが入荷しました(drawer THE BIKE STOREの引き出し)

drawer THE BIKE STORE (ドゥロワー ザ・バイクストア)
〒242-0024
神奈川県大和市福田1-1-6 フラワーマンション1F
TEL&FAX:046-259-6314
E-Mail:store@openadrawer.com
営業時間 10:00~20:00
定休日 毎週水曜日

【電車でお越しの方】
小田急江ノ島線 桜ケ丘駅下車 徒歩2分

【車でお越しの方】
R246からR467(藤沢街道)を藤沢方面に約15分

【自転車でお越しの方】
境川サイクリングロード利用
中原街道 新道大橋より約10分