2019年12月1日 , ,

一つは持っておきたい本格的なフラットペダルはいかがですか?

いやいや、クリップレスペダルの方が足が安定するでしょ?
という意見はごもっともなんですが、安定しない?と思っているのは、そもそもちゃんと乗れていないからかもしれません。

フラットペダルの利点は、広い踏み面で足を移動させやすくバランスがとりやすい。
また、不安定な路面で足を出さなければいけない場合でも、簡単に足を出すことができます。
簡単に言えば、クリップレスペダルのデメリットと言えるところの反対側にあります。

しかし、もっと大事なことは、地面からのインフォメーションを足で感じながら、バイクをコントロールするための動作を敏感に感じることができる点ではないかと思います。
またその逆もあり、ライダーがバイクに対してアクションを行う際に、踏み込んだり抜いたりといった微妙な加減をしやすいという事もあり、マウンテンバイクなどのオフロードバイクだけでなく、ロードバイクなどもきれいなペダリングをトレーニングする際にはフラットペダルを使うべきだとも思います。

つまり、上手くなるにはフラットペダルなのです。

当店おススメのフラットペダルはこちら。
RACEFACE Chester 6,500円(税抜)

マウンテンバイク乗りなら知らない人はいないでしょう。
泣く子も黙るRACEFACEの樹脂ペダルです。

樹脂と侮るなかれ、ナイロンコンポジット製ボディーは重量も軽く、何より障害物にヒットしても滑りやすいのでアルミより人気が高まっています。
丈夫なクロモリスピンドルとシールドベアリングを使用し、スムーズかつ高耐久。
16本のピンがあなたのシューズを掴んで離しません!

カラーバリエーションも多く、リーズナブルなおススメペダルです。

HT Components LEAP 12,700円(税抜)

聞きなれないブランドかもしれませんが、ここ数年での普及率は目を見張るものがあります。
HT Componentsは台湾に拠点を置くペダル専門メーカー。
数多くの大手ブランドのペダルも手掛けていますが、ここ数年で一気に自社ブランドをトップブランドに押し上げてきました。

当然仕様もワールドクラス。
薄々なアルミCNCボディに丈夫なクロモリスピンドル。

ちょっと本格的なフラットペダルが欲しいぞという方には、こちらおススメいたします。

店主もかつて(20年以上前か・・・)は、少しだけレースもしていまして、ダウンヒルなどは基本的にフラットペダル派でした。

もちろん最初は怖かった。
ギャップなどで足がペダルから離れて浮くんですね。

でもそれは自分がペダルに対する荷重と抜重がちゃんとできていなかったんです。
それがわかると、極端に言えばピンなんて無くてもペダルとシューズは吸い付くように張り付きます。

ですので、ぜひ一人一つはフラットペダルを使って、たまに練習してみるのもいいかなと思います。
クリップレスを使っている時と違い、常に足に意識が行きますので、自分のペダリングを見直すいい機会になりますよ。

drawer THE BIKE STORE (ドゥロワー ザ・バイクストア)
〒242-0024
神奈川県大和市福田1-1-6 フラワーマンション1F
TEL&FAX:046-259-6314
E-Mail:store@openadrawer.com
営業時間 10:00~20:00 (日・祝 19:00)
定休日 毎週水曜日

【電車でお越しの方】
小田急江ノ島線 桜ケ丘駅下車 徒歩2分

【車でお越しの方】
R246からR467(藤沢街道)を藤沢方面に約15分

【自転車でお越しの方】
境川サイクリングロード利用
中原街道 新道大橋より約10分