2018年1月1日 , ,

チャレンジ200を無事に完走しました

2017年を締めくくるイベントとして開催した『チャレンジ200』


大和市を出発し、川崎、東京、浦安、幕張、千葉、市原、袖ケ浦、木更津、君津、富津とたくさんの市町村を通過して、初日は千葉県南房総市冨浦町がゴール。
2日目は浜金谷まで戻ってフェリーで神奈川県横須賀市久里浜へ。
そこから衣笠、葉山、逗子、鎌倉、藤沢、大和と全行程約230kmを走破します。

予想よりも多くの方にご参加いただき、途中合流も含めて10名での開催。
また当日は天候にも気温にも恵まれ、8時のスタートこそ冷え込みを感じたものの、日中は丁度良い気温で、しかもほぼ無風という絶好のコンディション。


12月30日のスタートに集まった8名の自転車好き。
この後2ヶ所でそれぞれ1名が合流し、計10名での1日目のゴールである170km先の千葉県富浦を目指します。

大和市から、中原街道で綱島を経由し、川崎から国道15号で新橋まで。
まずは朝のウォームアップ。


しかし、後から考えればここで頑張りすぎた感が・・・。
参加者の中には慣れた方もいらっしゃいましたが、私を含めて何名かは明らかにオーバーペースだったような気がします。


新羽駅前で1名合流し9名に。
この頃には日差しもあり、体も温まってきました。

川崎から新橋までの15号は、信号も多く我慢の走り。
その後、晦日で賑わう銀座、築地、晴海を抜けて東京湾岸道路(国道357号線)へ。
左折してまずは千葉を目指します。


東京湾岸道路に入ってからは、少しずつ集団がばらけ始めましたが、それぞれのペースで。

船橋の手前でランチタイムで『すき屋』で牛丼チャージ!
あー、おいしい。

その後は、ペースの異なるグループに分かれて進むことにして、私は当然ゆっくりグループ。
快晴無風の最高のコンディションの中、幕張メッセと千葉マリスタジアムを横目に海沿いの広く気持ちの良い道路を走ります。

しかし、この後にロングライドの洗礼が待ち受けていました・・・。
幕張を抜け、千葉市に入る頃に少しずつメンバーに変化が。
スタートから約80kmとなるところで最初の壁が訪れます。

脚に違和感を覚えるメンバーが出たため、コンビニで小休止。
一度どうするかを考えましたが、やっぱりゴールしたいという事もあり、5名のメンバーで少しずつ距離を稼ぎます。

疲労困憊のKさん。でもボトルには『根性注入』の文字がww

幸いにして千葉市から袖ケ浦までの約30㎞は、ほぼフラットな区間。
国道14号線から、国道16号に代わり、単調な路面が続きますが、負担がかかりにくい区間なので、軽いギアでゆっくりと回して回復に努めます。

袖ケ浦の手前の工業地帯を走りながら見れた夕日はきれいだったなぁ・・・。
ゆっくりと進んだ区間でしたが、気持ちの良い時間帯でした。

そしていよいよ、初日のポイントである袖ケ浦~木更津間の交通量の多い区間と、木更津から浜金谷までのアップダウン。

ここがかなり堪えました。
脚に違和感を覚えたメンバーの疲労の状態もピークに近い状態。
袖ケ浦~木更津間は、ゆっくりと進めば大丈夫でしたが、まだ走れる3名は先に行ってもらい、木更津からの上りは何度も休みながら、少しずつ距離を稼ぎます。

すでに日も暮れて、ヘッドライトとテールライトだけが頼りです。
気温も4℃まで下がり、スピードも上がらないので体温が下がってくるのがわかりますが、ゴールしたいという気持ちが前に進ませてくれます。

ふと海岸線のアップダウンで右側を見ると、神奈川県側の海岸線が見え、横浜ランドマークタワーやみなとみらいの明かりがきれいに見えます。

夜に千葉県側から見る横浜も、とてもきれいでした。
これもロングライドでなければ、またこの時間帯に走らなければ見れない風景。
とても貴重な体験でした。

宿に付く予定の19時前になり、一度宿に連絡。
先発隊もまだ着いてないという事で、とりあえず浜金谷のフェリー乗り場まで頑張る事として、距離を稼ぎます。

やがてフェリー乗り場が見え、なんとかKさんも到着。
ここまで約150km。
千葉市から脚に違和感を覚えながらもKさんはやり切りました。

宿までここから約20km。
これ以上は無理だと判断し、Kさんには申し訳ないですがフェリー乗り場でタクシーを捕まえて、宿までタクシーで移動。
タクシーの中では、僕も全員を走らせることができず悔しいので、次回は絶対リベンジしましょうと二人で誓いました。

先発隊も無事に宿に到着しており、先に行かせた3名も途中タクシーで追い抜きながらも、ほぼ同時に宿に到着。
いやはや、170kmは結構な距離でした。

宿に付いたらすぐに補給!
鯛尽くしの素晴らしい晩ご飯で、メンバー全員から『店長、ここは正解!』と喜んでもらえたようで良かったです。(画像なし!)

晩ご飯後は、驚くほどのスピードで各自就寝w
寝る子は育つ。
疲労も回復する。


そして翌日。
おいしい日本の伝統的和朝食をいただき、浜金谷のフェリー乗り場までの約20kmをゆっくりと体をほぐしながら移動。(からだバキバキw)

途中、少し雨がぱらつきましたが、出航20分前のギリギリで全員無事に到着。
この時間帯に乗船するサイクリストはいませんでしたので、フェリーはガラガラ。
ゆったりと35分間の船旅を楽しみました。

久里浜に到着後、Kさんはこれ以上無理という事で、お迎えを呼びここでリタイヤ。
リベンジを誓います。

残りのメンバーは、大晦日の地元神奈川を堪能。
しかし、とにかく寒い!!!

房総は良かったなぁ・・・。
夜でも4℃だった記憶がありますが、今4℃以下じゃね?っていうくらい寒い。
ですが、一路大和を目指して走ります。

疲労が出ているメンバーもいますが、衣笠を抜けて葉山に降りる頃には、いつも見慣れた風景が。
暫く海岸線を走ると、江の島が見えます。

あー、帰ってきたぁ!

とにかく寒いのと、お腹が空いたのでランチタイムに。
鎌倉のおしゃれなカフェに立ち寄り、パスタ&ピザランチ。

我々以外は、おしゃれにランチを楽しまれている方たちばかりだったのに、自転車乗りがレーサーシューズで汗臭くてすみませんでしたw

でもとてもおいしいランチが食べられ、体もしっかり温まったので、いよいよラスト30km。
走り慣れた藤沢からの境川サイクリングロードへ入ると、あー帰ってきたと。

最後はみんなでゴールしたいと。
遅れるメンバーを待ちつつ、励ましつつ、完走を目指して進みます。

そして午後2時30分。
総走行距離約230kmを無事に完走。(私は20kmタクシーw)

ゴール後はみんなで健闘を称えて握手。
とても楽しい2日間でした。

実は、私はお借りした試乗車で参加したのですが、昔言われたことを思い出しました。
『運動会には履きなれた靴を』

とても良いバイクでしたが、体に触れる場所はいつもの物をおススメしますw

ぜひ、皆さんも一緒に走りましょう。
2018年も出来るだけ多くのライドイベントを企画してまいります。

本年もよろしくお願いいたします。