2018年2月6日

怖いレジとハンガーと破片

スタッフの三島です。
今日は開店するとすぐに、マウンテンバイクの前後ブレーキパッド交換でお客様が来店、作業終了後お客様が自転車を引き取りに来られ、お会計をしたのですが、慣れないレジ入力に手こずり操作を間違えお客様をお待たせしてしまいました。

続いてクロスバイク・ヴェロニク (Veronique) の組付けの続きに取り掛かったのですが、変速調整にかかったところでハンガーが曲がっていることに気づきました。

写真を見てもかなり反っているように見えますが、アライメント・ゲージ (Park Tool DAG-2) で測ってみると、前後で25mm、上下で30mm(どちらもホイールの一番外側の数値です)ずれていました。少しずつ調整を繰り返すこと数回、なんとか下のような状態に戻せました。


こうして作業すると、ハンガーが結構柔らかく感じるので転倒の際に衝撃からいろんなものを守ってくれることがよく分かります。

本日のラストの作業は、ロードバイクのリアタイヤ・パンク修理とスタンド交換です。
先日の積雪の残り雪の上を走っててエアが抜けたということでしたが、見てみるとこんな大きなガラスの破片が。

長さ1cmあります。見事にタイヤのグリップ面に突き刺さっていました。
もうほとんど残り雪は解けてきていますが、場所によってはまだ残っているところもあるでしょう。表面や中に何が滞在しているか分かりませんので、みなさんもなるべくそういった場所は避けて自転車を楽しまれた方が良いかもしれませんね。
パンク修理と共に交換いただいたのが、写真に写っているGIZA PRODUCTSのアジャスタブル・サイドスタンド(\1,800(税別))です。
この商品はスタンドの角度を調節できるので、とても便利です。今お使いの自転車のサイドスタンドが「もうひとつだな~」と思われている方は、是非一度店頭にてお手にとって見てください。