2018年2月15日

ハブも技術も磨きます。

スタッフの三島です。
今日は所用のため、午後からの出勤でした。
本日はロードバイクで来ましたが、日中はとても暖かく、春の陽気でとても気持ちがよかったです。春が待ち遠しい限りです。

さて、作業内容はミニベロのオーバーホールです。まずは、ホイールスポークを新しいものと交換するため、140mmにカットし、「転造」という工程を行います。
「転造(てんぞう)」とは、鋼材を加工し、ねじ部分をつくる工程です。
写真のHOZAN スポークねじ切り器 C-700を使って、カットしたスポークを加工していきます。

今回使用した工具の詳細は下のURLへどうぞ
HOZAN C-700 www.hozan.co.jp/cycle/catalog/wheel/C-700.html

右端に写っているハンドルを30回転し、ねじ部をつくります。

こんな具合です。

続いて、ハブのクリーニングです。ディグリーザーで洗浄した後、ワイヤーブラシを使って、優しく根気よく表面の錆を落とし、仕上げにコンパウンドを少し付けて磨きました。

固着していた汚れや油分がきれいにとれ、アルミの美しさを取り戻してくれました。

きれいなパーツを見ると、とても気持ちがいいですね。

当店では、このようなオーバーホールを含め、お客様の大切な自転車に関わる様々な不具合のご相談、メンテナンスを承っております。
どうぞ遠慮なくご来店、ご相談ください。
お客様のお越しをお待ちしております。