2018年3月2日 ,

drawer は質量で。

スタッフの三島です。
今日は、フルサスマウンテンバイクとの戦いがありました。


ショックアブソーバーのエア抜け修理依頼があり、まずは外して洗浄。

分解してみようとしたのですが・・・・・・


固い。とにかく固い。
入店して以来、力の必要な作業はとにかく「質量」です。と店長からよく言われてきました。
もてる力を体ごとのせて外そうと何度も試みましたが、(腕がパンパンになるまでトライしたのですが)結局取れませんでした。

毎日のようにいろんな車種の、いろんなトラブル、いろんな修理を受けるのですが、パーツや車体の状態は様々。
油・泥まみれや、腐食による固着、あるいは変形して普通では簡単に直せないことが当たり前。むしろ、すんなりいく事の方が稀。
それを難なくやってトラブルを修繕し、お客様に愛車を安全で、快適な状態に戻しお返しするのが、私たちの仕事です。

まだ始めたばかりで、至らない事の方が多く苦戦していますが、今日の作業を一つの経験、糧として、明日からまた業務にあたっていきたいと思います。

ところでみなさん、1周年記念セールはこの土日までですよ!
ご来店、お待ちしております。