2018年7月31日

シマノバイカーズフェスティバルに行って来ました

日本最大級のマウンテンバイクの祭典『シマノ バイカーズフェスティバル』
場所はもちろん日本のマウンテンバイクの聖地とも言える『富士見パノラマ』

drawer THE CYCLING CLUB初のマウンテンバイクイベントに参加してきました。

当初は金曜の夜中から現地入りして、メンバーとキャンプを楽しみつつ、レースに参加を予定していましたが、あいにくの雨予報。
というか、台風直撃間違いなしという状況で、事前にできるだけの情報を収集しつつ、ギリギリまで結論を迷いましたが、『楽しく参加』をするためには過酷な状況はできるだけ避ける事として、いろいろ準備もしましたがキャンプはあきらめることに。

とても残念ですが、安全には代えられません。
急きょ予定を変更して、土曜日の早朝に現地入りして、日帰りでの参加としました。

現地に到着し、すぐにテントを張ってブースを作ります。
ゼッケンプレートが付くと、レースモードに。
テンションも一気に上がってきます。

クラブのアイドル?w
響と清之介の凸凹コンビも朝の時点では元気満々。
午後の4時間エンデューロの洗礼を受けるまでは・・・ww

本日最初のレースはキッズXC。
クラブジャージをビシッと決めてスタート前の招集エリアで集中するルイ君。
初めてのクロスカントリーレース。
上級生と一緒に走るカテゴリーで緊張していたと思います。

今回はルイ君の1年先輩となるゼン君もdrawer THE CYCLING CLUBとして参加。
ゼン君は5年生の全日本チャンピオンなので、ルイ君にとっては大先輩。
そんなゼン君が、ルイ君にレース前にいろいろとアドバイス。
ゼン君の後ろには清水プロ。

清水プロも普段はクップドゥジャポンという、国内のシリーズ戦をエリートクラスで戦う大先輩。
その二人がレース前のルイ君にアドバイスを送ります。

レースの方は、残念ながら目標の半分よりちょっと下。
みんなで応援に集中するあまり、写真は無しw

ルイ君の後は、低学年クラスで出場したケイちゃん。
今回、台風の影響もあって出場を断念していましたが、現地に来てみたら走れるということもあって、急きょ参加。

ジャージの準備はできなかったけど、楽しく初クロスカントリーレースを完走。
残念だったのは、スタート後にチェーンが外れてしまったこと。
あれがなければ・・・。
でもレースにタラレバは無し。
次はもっと頑張ろう。

そして午後はメインイベントの『4時間エンデューロ』
台風なのにまさかのフルドライで、鼻の穴まで真っ黒になりながら全員で頑張りました。

タフな走りを見せたカワベさん。
目の前で背負い投げを食らっていたのはご愛嬌。
骨大丈夫かなぁ・・・

響はダウンヒルエンデューロと4時間エンデューロのダブルエントリー。
初ダウンヒルは『最高に楽しかった』という事でしたが、4時間エンデューロは『最高につらい』とのこと。
あなたの下りの技術はいいものがあるので、次はあなたに向いたコースに連れて行ってあげます。

ルイ君もダブルエントリー。
お父さんも一緒のチームでお揃いウェアで頑張った。

福田校長は、今回は引率。
ゼン君も翌週の本番『ジュニアオリンピックカップ』前の前哨戦として4時間エンデューロに参加。
えっと、厄はこのレースで落ちたよねw

ピンボケだけど、日本チャンピオン山本幸平選手とのまさかのツーショット。
ルイ君、うちのクラブからぜひ日本チャンピオンが出てほしいと店長は願います。

レース後は、抽選会も参加しましたが収穫なしw
台風の影響が大きく出る前に会場を後にし、みんなでお風呂。
帰りの高速道路は大雨でしたが、何事もなく無事に帰ることができました。

ぜひ、マウンテンバイクに興味がある方は一緒に走りましょう。
いきなりレースでなくてもOK
近所のトレイルを走るだけでも本当に非日常を感じることができるマウンテンバイク。
楽しいですよ。